ほのぼの回 。

店36e

 

 

 

 

ナンダカ師走にナルト

イライラしてるヤッコが増えてきて

クラクション 。

ビービー鳴らしてるアホとか

増えてくるケド

 

 

そーゆーアホはほっといて

このブログを見てくれてる

ココロ優しきヤッコさん達にだけは。

ほのぼのしてホシイな。

といった巻デス  今回ワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エー 。 毎年

師走の コノ時期になると

 

むかし肉屋をやってた

親戚のおばちゃんから

ビーフシチューと

ナゾにウマイ パンの詰め合わせが

送られてくるんダガ

 

 

 

コレを毎年

ブタくんに分け与えてやるのが

暮れの恒例行事となってイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・トゥルルルルルル・・・

 

 

 

 

 

 

 

ォ~ ブタくん。 オツカレィ

またビーフシチュー届いたゾ 。

 

 

 

「 まじか!? 今から速攻いくわ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~数十分後~~~

 

 

ブタくんの軽トラが店前に到着 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 お疲れぃ! いやあ!寒いねぇ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブタくんの頭頂部は

 

未だ 焼き払われてイル 。

 

さぞ 沁みるダロウ 寒さガ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソシテ 。

職人のオッサンたちと

先週行った 。

 

ゴルフのハナシやら

風俗のハナシやらを

延々と聞かされる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ! まいったわ!

新人のウブい感じの娘つけろ。

つったらよぉ!!

 

完全 アジャコングが登場したわ!!

 

なんで俺には

アジャ系があてがわれるんかなあ!?

俺の体型見て

店側がチョイスすんのかし!??

 

 

 

あ。 HISAO 。 安心してな

例え アジャ系だろうとな

ちゃんと。「 最後まで 」

仕事は遂行したからよぉ!!

 

 

もぉ~~んの凄い集中力で。

果てさせてもらったわ。そこわ!

そぉ~~~れだけわ! ほんっとに!

こちとらプロだぜ!

ナメんなよっ! って話よ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地平線まで果てしなく広がるようなアホだな

 

コ イ ツ ワ 。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソンナコンナ シテルト

 

 

ブタくんのケータイ電話に着信。

師走の時期のブタくんのケータイは

基本。つねに「 鳴りっぱなし。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忙しそうに得意先と話している

ブタくんの背中を

 

 

「 ふ と。 見 ヤ ル ト。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店の スポットライトが 。

 

ブタくんの焼き払われた頭頂部に

 

キラリと。 反射し。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 まるで 冬の 。 寒月の ヤウニ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 ンンンッ!! 見事ジャ! 大儀デアル!!」

 

↑  コントキ ブタくんマダ電話中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソシテ。 コノトキ。

おもわず「 ハッ!」っとシタ

 

 

ブタくんが。 己が頭頂部を使い

焼き畑農業をしている。

 

 

「 真の意味。を 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブタくんわ。

言葉ではなく

 

漢の背中と 「 頭頂部。」を

無言でオレに見せつける事で

 

 

 

 

 

 

 

 

HISAO 。

 

漢たるもの。

 

 

 

透き通った冬の夜空に

燦然と 輝くような。

寒月のようなココロを持った。

そんな漢に なれ 。

 

 

・・・・・と・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その想いを。 伝えるため。

 

 

己が 頭頂部を使い。

 

 

「 焼き畑農業を。 していた。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭からつま先まで。

電流のような衝撃が通り抜ける

 

 

 

己の感情では

制御不能の

感涙が頬を伝う。

 

 

 

それはまさに。

電光石火の感動

 

↑ ( コントキ マダ ブタくん電話中 )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ええ・・!  はい。

その件に関しましては

改めて後日 御見積書を送りますんで・・!

ええ 。 了解しました。

それではまた。 よろしくどうぞ~

はい~~~

失礼いたします~~~

 

 

 

 

 

 

 

ふぅ~~~~~う・・・

このお客さん。

良い人なんだけどさぁ~

ちょぉ~~~っと心配性なんだよなぁ。

 

 

あれ・・・!?  HISAO。どうした?

なんか・・ 目が 赤く・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤ・・・  ナンデモネエ。

 

ブタくんヤ

ワリイが お使い頼まれてクレ。

 

このジャラ銭で キミのぶんと

オレのぶんの缶コーヒー

買ってキテクレ

 

 

 

 

 

 

「 おお。 わかった~~~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フゥーーーーーーーウ。

 

アブネエ アブネエ

 

 

 

ブタくんに泣いてるトコ見られたナンテ日にゃ

 

イイ ワライグサ ダゼ  ったくヨォ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「 深ケェ。 深ケェ漢ダゼ。 ブタくんヨォ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アノ。 太鼓のような腹。モ

モシカシタラ・・・

オレにナニか伝えるタメ・・?

 

 

・・・ナ?  ノ?  カ?・・・

 

↑ ( ただの運動不足と食い過ぎ ♪ )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨカッタラ   ドーゾ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チビッコには譲ってアゲナイトナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャマタ

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA