イイ感じ。

白浜4-aaaaaa

 

 

 

 

仲睦まじい ご夫婦 。

 

いつもいつも

 

楽しい会話に花が咲いてしまいマス

 

 

 

 

 

 

 

旦那サンのBANGLEの石は。

 

空の色。のようなイメージで選別。

 

 

 

奥さんのほうの石は。

 

透明感を感じるBLUE。

 

といったイメージで選んでミタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お二人とも

 

とてもお似合いデシタ

 

本当に いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャマタ

 

ジャナイノヨ。

 

言及しないとあかん事あるやろがい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尚弥チャン 。

 

日本国民を心臓発作させんジャナイヨ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンダ? あの1ラウンドの「 入り。」

 

あの雑な「 右の オーバーハンド。」

 

普段の尚弥なら絶対にしない。

 

「 慢心と。強引さ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右の フック。もしくは アッパー。

いずれかのパンチを振ろうとした瞬

 

見えない角度から。

ネリの独特の角度からの左フック。着弾

 

 

 

 

 

ネリ。いままでとは別人か?

 

ってくらい

動きにキレがあったな

 

ちゃんと真面目に練習して

計画的にきちんと減量すると

速いし。

ちゃんと強いボクサーなんだな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外メディアの

反応コメントが面白いノヨ

 

 

 

1ラウンド。

井上尚弥の化けの皮が剝がれたら。

さらに化け物にナッチャッタ。

 

だの。

 

ネリ。 1ラウンドで。

井上にモーニングコールしちゃった。

 

とか言われてタワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井上尚弥。人生初の「 ダウン。」

 

なんか着地に失敗したバレリーナみたいで

 

可愛い。っちゃ 可愛かった。

 

マア。

 

心臓止まるかと思ったケドナ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドネア戦で。

どんな相手でも

舐めてかかったら アカン。と

学んだはずナノニ

 

 

東京ドーム超満員の熱狂と熱気で

ついつい。また チョづく。NAOYA

マア 人間っぽいちゃ ぽいネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとな。

今回の東京ドームの直前に

あの。温厚で人情味に溢れる

元・チャンピオンの八重樫トレーナーが

なんか 武居に対して

いつもと違う感じに

接してるように見えた謎が。

試合後の大橋ジム陣営の会見で明かされた

 

「 ある。極秘スパーがあった。」

 

という。映像を見たことで

ちょっと謎が解けた気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サア。 始めマスヨ

 

お得意の。

 

「 勝手な妄想。を 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~モロニー戦。三週間前~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井上尚弥: 「 八重樫さん。どしたんすか?」

 

八重樫 : 「 ・・え。どした?って 何が?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井 :  ここ最近。 なんか。元気無くないすか?

 

八 :   ぁ いや。元気無くはないんだけど・・

 

 

 

 

 

 

八 : 武居が。さ

 

なかなか覚えてくんないのよ「 ジャブを。」

 

 

 

 

井  :   はは。 確かに。

武居ちゃんのジャブは

当てる気で打ってる。っていうより

距離 測って腕伸ばしてるだけの時が

多いっすもんね。

 

 

 

 

 

 

 

八  :  そうなのよ・・・

いままでの相手なら

ファイトスタイル変えなくてもいけたけど

そろそろ ちゃんと当ててポイントも獲って。

尚且つ相手にダメージを与える

BOXINGの基本のジャブを。

そろそろ覚えてほしいんだけど・・

 

「 バチッと早いラウンドで倒します。」

 

・・・の 一点張りで

ジャブ・ ワンツーを軽視する傾向あるのよ。

自信があるのは とても良い事なんだけど

あり過ぎるのも危険なんだよなあ・・

だって今回の相手。モロニーなんだよ。

なんていうか。 さあ・・

 

「 危機感が。足らないんだよね。武居。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井  :  「 スパーで 教え込みますよ。俺が。」

 

八  :  「 ・・・・・へ?? 」

 

井  :  「 一回ボコボコにします。接近戦で。」

 

八  :  「 ・・ちょっ! まずいよそれは。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

井  :  武居ちゃんみたいな

先天的な強さのある子は。

良い意味でも悪い意味でも

自分を一番信じてるから

本当の危機を味わったり

本当に悔しい。って思わないと

なかなか変えるのって難しいっすよ。

大丈夫。 マジで心折るような事しないんで。

ただ。 マロニー戦。

どこかのラウンドで。

 

「 絶対。この展開。あるよ。」

 

ってのを 言葉じゃなく。

体に教え込みます。

武居ちゃんみたいな子には

言葉とか理屈でなく。

「 感じさせる。」のが一番だし

アイツは「 感じれる子 」ですから。

 

ジャブちゃんと当てて。

相手に警戒させないと。

「 簡単に。中に入られるんだぞ。」

っていうのを。体に覚えさせます。

 

 

 

 

 

 

八  :  わ!  解った! 解ったけど!

絶対 やり過ぎは禁物だぞ。ナオヤ。

マジで頼むぞ・・!

 

 

井 : 「 大丈夫です。さじ加減は任せて。」

 

 

八 :「大橋会長に話 通して来る!待ってて!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨカッタラ   ドーゾ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この極秘スパーが無かったら。

 

 

モロニー戦の12ラウンドで

スタンディングダウンとられてたカモネ

武居。

まじで倒される寸前だった

 

 

よく観ると

何回か 近づいてきてたぞ。レフェリー。

 

 

「 これはもう。止めるか・・?」

 

 

つって。

マジで辛勝だったな 武居。

オーストラリア開催だったら

モロニー勝利の判定でもおかしくなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャマタ

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA